小酒井不木随筆作品明細

(公開:2007年 月 日 最終更新:2017年10月6日)
インデックスに戻る

1926(大正15)年

  1. 「巴里のおもひ出」(『医文学』大正15年1月号)
  2. 「真勇と蛮勇」(『キング』大正15年1月号)
  3. 「(女性の異常心理)性的早熟」(『新小説』大正15年1月号)
  4. 「犯罪文学研究(八)」(『新青年』大正15年1月号)
  5. 「クロス・ワード・パヅルと探偵小説」(『大衆文芸』大正15年1月号)
  6. 「『探偵趣味』問答」(『探偵趣味』大正15年1月号)
  7. 「錬金詐欺」(『探偵文芸』大正15年1月号)
  8. 「東西犯罪奇談(上)」(『名古屋新聞』大正15年1月5日)
  9. 「東西犯罪奇談(下)」(『名古屋新聞』大正15年1月6日)
  10. 「妻及母の科学(一)」(『婦人公論』大正15年1月号)
  11. 「小酒井不木は小酒井不木にして正木不如丘にあらず」(『読売新聞』大正15年1月25日)
  12. 「努力と幸運」(『キング』大正15年2月号)
  13. 「闘病術提要」(『現代』大正15年2月号)
  14. 「彗星放語」(『現代』大正15年2月号)
  15. 「(女性の異常心理)不満と抑制」(『新小説』大正15年2月号)
  16. 「犯罪文学研究(九)」(『新青年』大正15年2月号)
  17. 「雑感」(『新青年』大正15年2月号)
  18. 「偶感二題」(『探偵趣味』大正15年2月号)
  19. 「ヂュパンとカリング」(『新青年』大正15年2月増刊号)
  20. 「クロス・ワード・パヅルの歴史」(『女性』大正15年3月号)
  21. 「(女性の異常心理)同性愛」(『新小説』大正15年3月号)
  22. 「犯罪文学研究(十)」(『新青年』大正15年3月号)
  23. 「毒二題」(『大衆文芸』大正15年3月号)
  24. 「性的生活の乱れ」(『探偵趣味』大正15年3月号)
  25. 「結婚詐欺」(『探偵趣味』大正15年3月号)
  26. 「当世世間用心記」(『中央公論』大正15年3月号)
  27. 「タナトプシス(二十六)」(『内観』大正15年3月号)
  28. 「労苦と幸福」(『キング』大正15年4月号)
  29. 「犯罪文学研究(十一)」(『新青年』大正15年4月号)
  30. 「事実と小説」(『探偵趣味』大正15年4月号)
  31. 「予は少年時代に誰を崇拝したか」(『日本少年』大正15年4月号)
  32. 「推敲」(『活人』大正15年5月号)
  33. 「日常生活と変態心理(一)」(『苦楽』大正15年5月号)
  34. 「闘病術提要」(『現代』大正15年5月号)
  35. 「彗星放語」(『現代』大正15年5月号)
  36. 「或る過失」(『女性』大正15年5月号)
  37. 「(女性の異常心理)生むを欲せぬ心」(『新小説』大正15年5月号)
  38. 「女、花」(『大衆文芸』大正15年5月号)
  39. 「課題」(『探偵趣味』大正15年5月号)
  40. 「毒シヤツと金剛石末」(『探偵文芸』大正15年5月号)
  41. 「國枝史郎氏の人物と作品」(『名古屋新聞』大正15年5月10日)
  42. 「本年度上半期での印象に残つた作品、戯曲など」(『読売新聞』大正15年5月28日)
  43. 「序」(『白隠と夜船閑話』大正15年5月1日発行)
  44. 「医学に関する初版本」(『医文学』大正15年6月号)
  45. 「模倣と感化」(『キング』大正15年6月号)
  46. 「日常生活と変態心理(二)」(『苦楽』大正15年6月号)
  47. 「迷信と其除去法」(『現代』大正15年6月号)
  48. 「当選作所感」(『新青年』大正15年6月号)
  49. 「京都日出新聞」(『大衆文芸』大正15年6月号)
  50. 「犯罪哀話」(『大衆文芸』大正15年6月号)
  51. 「テーマを盗む」(『探偵趣味』大正15年6月号)
  52. 「タナトプシス(二十九)」(『内観』大正15年6月号)
  53. 「予が今十四五歳の少年であつたら」(『日本少年』大正15年6月号)
  54. 「日常生活と変態心理(三)」(『苦楽』大正15年7月号)
  55. 「変な恋」(『大衆文芸』大正15年7月号)
  56. 「最も気に適つた土地」(『大衆文芸』大正15年7月号)
  57. 「作家としての私」(『探偵趣味』大正15年7月号)
  58. 「タナトプシス(三十)」(『内観』大正15年7月号)
  59. 「不木軒主人の名古屋見物(1)」(『名古屋新聞』大正15年7月1日)
  60. 「不木軒主人の名古屋見物(2)」(『名古屋新聞』大正15年7月2日)
  61. 「不木軒主人の名古屋見物(3)」(『名古屋新聞』大正15年7月3日)
  62. 「不木軒主人の名古屋見物(4)」(『名古屋新聞』大正15年7月4日)
  63. 「不木軒主人の名古屋見物(5)」(『名古屋新聞』大正15年7月5日)
  64. 「不木軒主人の名古屋見物(6)」(『名古屋新聞』大正15年7月6日)
  65. 「不木軒主人の名古屋見物(7)」(『名古屋新聞』大正15年7月7日)
  66. 「不木軒主人の名古屋見物(8)」(『名古屋新聞』大正15年7月8日)
  67. 「不木軒主人の名古屋見物(9)」(『名古屋新聞』大正15年7月9日)
  68. 「不木軒主人の名古屋見物(10)」(『名古屋新聞』大正15年7月10日)
  69. 「不木軒主人の名古屋見物(11)」(『名古屋新聞』大正15年7月11日)
  70. 「不木軒主人の名古屋見物(12)」(『名古屋新聞』大正15年7月12日)
  71. 「悪人の恋」(『変態心理』大正15年7月号)
  72. 「日常生活と変態心理(四)」(『苦楽』大正15年8月号)
  73. 「ガース・コントロール(肥満制限法)」(『女性』大正15年8月号)
  74. 「夜行列車の恐怖」(『大衆文芸』大正15年8月号)
  75. 「童話と犯罪心理」(『探偵趣味』大正15年8月号)
  76. 「大衆作家の観た通俗小説」(『不同調』大正15年8月号)
  77. 「一人一語」(『文芸春秋』大正15年8月号)
  78. 「マリイ・ロオジエ事件の研究」(『新青年』大正15年8月増刊号)
  79. 「今日此の頃の暑さ」(『活人』大正15年9月号)
  80. 「日常生活と変態心理(終)」(『苦楽』大正15年9月号)
  81. 「余が実験せる石灰粉末吸入療法」(『実業之日本』大正15年9月15日号)
  82. 「犯罪文学研究(十二・終)」(『新青年』大正15年9月号)
  83. 「検閲官の頭を(発売禁止制度に対する批判とその対策)」(『新潮』大正15年9月号)
  84. 「ぎくりとする話」(『随筆』大正15年9月号)
  85. 「苦労の思ひ出」(『大衆文芸』大正15年9月号)
  86. 「匿名の手紙」(『不同調』大正15年9月号)
  87. 「科学的探偵術(前篇)」(『最新科学講座 1』大正15年9月24日発行)
  88. 「限りある身の力」(『キング』大正15年10月号)
  89. 「癪にさはつた事」(『公憤』大正15年10月号)
  90. 「病弱の青年に与ふる書」(『実業之日本』大正15年10月1日号)
  91. 「西洋初版本漁り」(『紙魚』大正15年10月号)
  92. 「胎盤を喰ふ話其他」(『新青年』大正15年10月号)
  93. 「文芸雑感」(『新潮』大正15年10月号)
  94. 「奇獄」(『探偵趣味』大正15年10月号)
  95. 「木村晴三氏個展に就て」(『名古屋新聞』大正15年10月22日)
  96. 「肺結核を如何にして治癒せしか(一)」(『婦人世界』大正15年10月号)
  97. 「女性犯罪の特徴」(『文芸春秋』大正15年10月号)
  98. 「比事物叢談」(『紙魚』大正15年11月号)
  99. 「『五階の窓』雑感」(『新青年』大正15年11月号)
  100. 「陪審制度宣伝劇」(『新青年』大正15年11月号)
  101. 「更正の日比野先生」(『名古屋新聞』大正15年11月3日)
  102. 「都会句習作」(『名古屋新聞』大正15年11月11日)
  103. 「肺結核を如何にして治癒せしか(二)」(『婦人世界』大正15年11月号)
  104. 「完全と不完全」(『活人』大正15年12月号)
  105. 「果敢なき依頼心」(『キング』大正15年12月号)
  106. 「書物蒐集狂」(『紙魚』大正15年12月号)
  107. 「作者の言葉」(『新青年』大正15年12月号)
  108. 「少年時代の愛読書」(『大衆文芸』大正15年12月号)
  109. 「クローズ・アツプ」(『探偵趣味』大正15年12月号)
  110. 「肺結核を如何にして治癒せしか(三)」(『婦人世界』大正15年12月号)
  111. 「犯罪心理の研究から」(『日本文学講座 第二巻』大正15年12月20日発行)

詳細未詳・未確認データ

  1. 「闘病術提要(一)」(『現代』大正15年1月号?)
  2. 「自伝」(『中京朝日新聞』大正15年1月?)
  3. 「闘病術提要(三)」(『現代』大正15年3月号?)
  4. 「闘病術提要(四)」(『現代』大正15年4月号?)
  5. 「嘘のやうな話」(『新青年』大正15年?)
  6. 「默阿彌の悪人」(『新青年』大正15年?)
  7. 「妻の生理及心理」(『婦人公論』大正15年?)
  8. 「母の生理及衛生」(『婦人公論』大正15年?)
  9. 「女性と早老」(『婦人公論』大正15年?)
  10. 「妻及母の科学(二)」(『婦人公論』大正15年2月号?)
  11. 「妻及母の科学(三)」(『婦人公論』大正15年3月号?)
  12. 「学位濫授とは」(『文化生活の基礎』大正15年?)


「巴里のおもひ出」 #ibungaku_192601

【データ】

初出: 『医文学』 第2巻第1号 大正15年1月1日発行 医文学社 18ページ〜22ページ
署名: 小酒井不木
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「巴里のおもひ出」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「クロス・ワード・パヅルと探偵小説」 #taishuubungei_192601

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年1月号 70ページ〜71ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「クロス・ワード・パヅルと探偵小説」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「雑感」 #shinseinen_192602

【データ】

初出: 『新青年』 ■巻■号 大正15年2月号 博文館 ■ページ〜■ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

 小説の「種さがし」の苦心から始まり、自分が小説家になるまでの経緯を語る。東北大学教授の職を得て、後進の指導に当たる筈であった彼を襲った大喀血。そして運命的な森下雨村との出逢い。意外や大学一年級の時、既に新聞に発表していた創作「あら浪」執筆事情。小説家になるべき運命を知っていたらもう少しどうにかしていたものを、というのはやや韜晦に過ぎるか。

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「雑感」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「ヂュパンとカリング」 #shinseinen_192602ex

【データ】

初出: 『新青年』 ■巻■号 大正15年2月増刊号 博文館 114ページ〜117ページ
署名: 小酒井不木
章題: 一/二
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『人工心臓』(国書刊行会・平成6年9月20日発行)

【翻刻テキスト】 → 「ヂュパンとカリング」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「偶感二題」 #tanteishumi_192602

【データ】

初出: 『探偵趣味』 第2年第2号 大正15年2月号 5ページ〜7ページ
署名: 小酒井不木
章題: 文芸と早熟/「医師の心もち」
備考: 「『医師の心もち』」の章は単行本未収録。

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 『小酒井不木全集 第十二巻 文学随筆及書簡』(改造社・昭和5年5月21日発行)※「文芸と早熟」の章のみ。

【翻刻テキスト】 → 「偶感二題」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「当世世間用心記」 #chuuoukouron_192603

【データ】

初出: 『中央公論』 ■巻■号 大正15年3月号 91ページ〜96ページ
署名: 小酒井不木
章題: 一/二/三/四/五
備考: タイトルの表記は「当世世間用心記(「昼夜用心記」の文体に擬す)」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 『小酒井不木全集 第十一巻 三面座談及タナトプシス』(改造社・昭和5年3月31日発行)

【翻刻テキスト】 → 「当世世間用心記」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「タナトプシス(二十六)」 #naikan_t1503

【データ】

初出: 『内観』 72号 大正15年3月1日発行 内観社 30ページ
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: なし
備考: 英文タイトル「THANATOPSIS」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『タナトプシス』(内観社・昭和3年6月1日発行)
 『小酒井不木全集 第十一巻 三面座談及タナトプシス』(改造社・昭和5年3月31日発行)

【翻刻テキスト】 → 「タナトプシス(二十六)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「事実と小説」 #tanteishumi_192604

【データ】

初出: 『探偵趣味』 第2年第4号 大正15年4月号 2ページ〜3ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「事実と小説」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「予は少年時代に誰を崇拝したか」 #nipponshounen_192604

【データ】

初出: 『日本少年』 ■巻■号 大正15年4月号 73ページ
署名: 医学博士 小酒井不木
備考: アンケート回答。「名士数十氏執筆」(作家では巌谷小波、吉田絃二郎、野口雨情ら)

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「予は少年時代に誰を崇拝したか」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「女、花」 #taishuubungei_192605

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年5月号 175ページ〜177ページ
署名: 小酒井不木
章題: 一/二
備考: 同人課題「女、酒、花」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「女、花」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「課題」 #tanteishumi_192605

【データ】

初出: 『探偵趣味』 第2年第5号 大正15年5月号 40ページ〜42ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
改題: →「私の物を書く態度」
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『闘病問答』(春陽堂・昭和2年8月18日発行)

【翻刻テキスト】 → 「課題」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「序」 #hakuin_19260501

【データ】

初出: 『白隠と夜船閑話』 野村瑞城 人文書院 大正15年5月1日発行 1〜8ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
挿画: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「序」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「医学に関する初版本」 #ibungaku_192606

【データ】

初出: 『医文学』 第2巻第6号 大正15年6月1日発行 医文学社 15ページ〜19ページ
署名: 小酒井不木
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「医学に関する初版本」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「京都日出新聞」 #taishuubungei_192606_01

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年6月号 184ページ〜185ページ
署名: 小酒井不木
備考: 読者課題「処女作の思ひ出」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「京都日出新聞」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「犯罪哀話」 #taishuubungei_192606_02

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年6月号 88ページ〜93ページ
署名: 小酒井不木
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「犯罪哀話」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「テーマを盗む」 #tanteishumi_192606

【データ】

初出: 『探偵趣味』 第2年第6号 大正15年6月号 9ページ〜10ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『小酒井不木全集 第十二巻 文学随筆及書簡』(改造社・昭和5年5月21日発行)

【翻刻テキスト】 → 「テーマを盗む」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「タナトプシス(二十九)」 #naikan_t1506

【データ】

初出: 『内観』 75号 大正15年6月1日発行 内観社 2ページ(実際は18ページ)
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: なし
備考: 英文タイトル「THANATOPSIS」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『タナトプシス』(内観社・昭和3年6月1日発行)
 『小酒井不木全集 第十一巻 三面座談及タナトプシス』(改造社・昭和5年3月31日発行)

【翻刻テキスト】 → 「タナトプシス(二十九)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「予が今十四五歳の少年であつたら」 #nipponshounen_192606

【データ】

初出: 『日本少年』 ■巻■号 大正15年6月号 66ページ
署名: 医学博士 小酒井不木
備考: アンケート回答。「名士数十氏執筆」(作家では巌谷小波、吉田絃二郎、伊藤銀月ら)

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「予が今十四五歳の少年であつたら」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「桐下亭小宴」 #nagoyanews_19260604

【データ】

初出: 『名古屋新聞』 第10851号 大正15年6月4日 第3面
署名: 坂田行雄
章題:なし  
挿画: なし
備考: 副題「木下杢太郎氏邸にて」

 坂田行雄による連句会のレポート。小酒井不木の詠んだ句が含まれているので、関連資料であると同時に小酒井不木の著作としてカウントする。

【同時代評・関連資料その他】
 「桐下亭小宴」坂田行雄(『名古屋新聞』大正15年6月4日)

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「桐下亭小宴(抄)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「変な恋」 #taishuubungei_192607_01

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年7月号 156ページ〜160ページ
署名: 小酒井不木
備考: 「想思篇(特別読物)」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『人工心臓』(国書刊行会・平成6年9月20日発行)

【翻刻テキスト】 → 「変な恋」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「最も気に適つた土地」 #taishuubungei_192607_02

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年7月号 165ページ
署名: 不木
備考: 同人課題「最も気に適つた土地」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「最も気に適つた土地」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「作家としての私」 #tanteishumi_192607

【データ】

初出: 『探偵趣味』 第2年第7号 大正15年7月号 31ページ〜32ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『闘病問答』(春陽堂・昭和2年8月18日発行)

【翻刻テキスト】 → 「作家としての私」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「タナトプシス(三十)」 #naikan_t1507

【データ】

初出: 『内観』 76号 大正15年7月1日発行 内観社 28ページ
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: なし
備考: 英文タイトル「THANATOPSIS」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『タナトプシス』(内観社・昭和3年6月1日発行)
 『小酒井不木全集 第十一巻 三面座談及タナトプシス』(改造社・昭和5年3月31日発行)

【翻刻テキスト】 → 「タナトプシス(三十)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「ガース・コントロール(肥満制限法)」 #zyosei_192608

【データ】

初出: 『女性』 ■巻■号 大正15年8月号 プラトン社 244ページ〜250ページ
署名: 小酒井不木
章題: 一/二/三/四
挿画:  
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「ガース・コントロール(肥満制限法)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「夜行列車の恐怖」 #taishuubungei_192608

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年8月号 241ページ〜243ページ
署名: 小酒井不木
備考: 同人課題「夜の旅」。

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『小酒井不木全集 第十五巻 闘病余録及断片』(改造社・昭和5年8月18日発行)

【翻刻テキスト】 → 「夜行列車の恐怖」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「大衆作家の観た通俗小説」 #fudouchou_192608

【データ】

初出: 『不同調』 ■巻■号 大正15年8月号 47ページ
署名: 小酒井不木
備考: 「はがき評論」「二十氏(順序不同)」とあり、江戸川亂歩、江見水蔭、平山蘆江、直木三十五、大倉桃郎、本田美禅、澤田撫松、佐々木邦、池内萍香A小酒井不木、額田六幅……の順。

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「大衆作家の観た通俗小説」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「一人一語」 #bungeishunzyuu_192608

【データ】

初出: 『文芸春秋』 ■巻■号 大正15年8月号 25ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「一人一語」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「余が実験せる石灰粉末吸入療法」 #jitsugyounonippon_19260915

【データ】

初出: 『実業之日本』 ■巻■号 大正15年9月15日号 64ページ〜66ページ
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: 心の持ち方一つ/私の肺結核/吸入療法の実績/吸入療法と闘病的
備考: 「―藤本博士発明の肺結核新療法に対する余の実験―」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「余が実験せる石灰粉末吸入療法」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「苦労の思ひ出」 #taishuubungei_192609

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年9月号 235ページ〜237ページ
署名: 小酒井不木
備考: 同人課題「苦労の思ひ出」。

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「苦労の思ひ出」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「匿名の手紙」 #fudouchou_192609

【データ】

初出: 『不同調』 ■巻■号 大正15年9月号 9ページ〜11ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「匿名の手紙」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「病弱の青年に与ふる書」 #jitsugyounonippon_19261001

【データ】

初出: 『実業之日本』 ■巻■号 大正15年10月1日号 119ページ〜120ページ
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: 一/二/三/四/五
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「病弱の青年に与ふる書」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「西洋初版本漁り」 #shimi_192610

【データ】

初出: 『紙魚』 ■巻■号 大正15年10月号 30ページ〜31ページ
署名: 小酒井不木
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「西洋初版本漁り」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「胎盤を喰ふ話其他」 #shinseinen_192610

【データ】

初出: 『新青年』大正15年10月号 博文館 238ページ〜241ページ
署名: 小酒井不木
章題: 胎盤を喰ふ/犯人の見舞/名刀の切れ味
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「胎盤を喰ふ話其他」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「奇獄」 #tanteishumi_192610

【データ】

初出: 『探偵趣味』大正15年10月号 53ページ〜55ページ
署名: 小酒井不木
備考:  

【同時代評・関連資料その他】
 近代デジタルライブラリー 『奇獄 : 摘陰発微』

【収録書名】
 『小酒井不木全集 第十五巻 闘病余録及断片』(改造社・昭和5年8月18日発行)

【翻刻テキスト】 → 「奇獄」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「肺結核を如何にして治癒せしか(一)」 #fujinsekai_192610

【データ】

初出: 『婦人世界』 ■巻■号 大正15年10月号 104ページ〜111ページ 連載第1回(全3回)
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: 一 はしがき/二 肺結核とはどんな病か
備考: 「余が病苦十年の体験録」。著者顔写真。前書きあり。

【同時代評・関連資料その他】
 前書き(『婦人世界』大正15年10月号)
 後書き(『婦人世界』大正15年12月号)

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「肺結核を如何にして治癒せしか(一)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「比事物叢談」 #shimi_192611

【データ】

初出: 『紙魚』 ■巻■号 大正15年11月号 15ページ〜16ページ
署名: 小酒井不木
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『小酒井不木全集 第十二巻 文学随筆及書簡』(改造社・昭和5年5月21日発行)

【翻刻テキスト】 → 「比事物叢談」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「『五階の窓』雑感」 #shinseinen_192611_01

【データ】

初出: 『新青年』大正15年11月号 博文館 175ページ、177ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「『五階の窓』雑感」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「陪審制度宣伝劇」 #shinseinen_192611_02

【データ】

初出: 『新青年』大正15年11月号 博文館 148ページ〜150ページ
署名: 小酒井不木
章題: なし
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「陪審制度宣伝劇」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「肺結核を如何にして治癒せしか(二)」 #fujinsekai_192611

【データ】

初出: 『婦人世界』 ■巻■号 大正15年11月号 254ページ〜259ページ 連載第2回(全3回)
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: 三 肺結核に薬なし/四 「生きる」ことと「なほる」こと
備考: 「余が病苦十年の体験録」。

【同時代評・関連資料その他】
 (「肺結核を如何にして治癒せしか(一)」を参照

【収録書名】
 (「肺結核を如何にして治癒せしか(一)」を参照

【翻刻テキスト】 → 「肺結核を如何にして治癒せしか(二)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「書物蒐集狂(ビブリオメニア) #shimi_192612

【データ】

初出: 『紙魚』 ■巻■号 大正15年12月号 24ページ〜25ページ
署名: 小酒井不木
備考:  

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 『小酒井不木全集 第十二巻 文学随筆及書簡』(改造社・昭和5年5月21日発行)

【翻刻テキスト】 → 「書物蒐集狂」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「作者の言葉」 #shinseinen_192612

【データ】

初出: 『新青年』大正15年12月号 博文館 ■ページ〜■ページ
署名: 小酒井不木(予告タイトルとして記載あり)
章題: なし
備考: 予告タイトル「次号より連載の長篇探偵小説 疑問の黒枠 小酒井不木」

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「作者の言葉」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「少年時代の愛読書」 #taishuubungei_192612

【データ】

初出: 『大衆文芸』 ■巻■号 大正15年12月号 197ページ〜198ページ
署名: 小酒井不木
備考: 同人課題「少年時代の愛読書」。

【同時代評・関連資料その他】

【収録書名】  
 単行本未収録

【翻刻テキスト】 → 「少年時代の愛読書」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」

「肺結核を如何にして治癒せしか(三)」 #fujinsekai_192612

【データ】

初出: 『婦人世界』 ■巻■号 大正15年12月号 124ページ〜129ページ 連載第3回(全3回)
署名: 医学博士 小酒井不木
章題: 五 安静の意義/六 自然治癒力
備考: 後書きあり。

【同時代評・関連資料その他】
 (「肺結核を如何にして治癒せしか(一)」を参照

【収録書名】
 (「肺結核を如何にして治癒せしか(一)」を参照

【翻刻テキスト】 → 「肺結核を如何にして治癒せしか(三)」
【著作リスト】 → 「小酒井不木 雑誌別著作目録(評論・随筆の部)」