参考文献/資料集 1997(平成9)年

(公開:2006年1月23日 最終更新:2018年3月2日)
インデックスに戻る

2月

解説 / 中島河太郎

『くらしっくミステリーワールド6 小酒井不木集』 リブリオ出版 2月28日発行

3月

 

『江戸川乱歩リファレンスブック1 乱歩文献データブック』 名張市立図書館 3月31日発行

8月

(愛知 名作の舞台)推理小説「通夜の人々」蟹江育ち、小酒井不木が執筆 乱歩を“デビュー”させた偉人 迷宮入り事件モデルに / 広中康晴

『中日新聞』尾張版 8月16日(13面)

 不木は、当時住んでいた名古屋を舞台とした探偵小説を数多く残した。「蟹江を舞台にした小説はないか」と調べていると、同資料館学芸員の伊藤和孝さん(三七)が「こんな短編がある」と教えてくれた。
 それは、大正十四年に発表された推理小説「通夜の人々」。名古屋に事務所を開く私立探偵、野口雄三が「名古屋から西へ、三里ほど隔たつた蟹江といふ町に起こった二つの悲劇」のなぞを解くというストーリーだ。大正六年十一月に、実際にあった迷宮入り事件をモデルにしたらしい。

9月

『文学館探索』 榊原浩 新潮選書 9月25日発行

11月

モダン都市名古屋の肖像 島洋之助・小酒井不木

『周縁のモダニズム モダン都市名古屋のコラージュ』 馬場伸彦 人間社 11月7日発行