インデックスに戻る

編輯者より

小酒井先生の「変態心理と犯罪のいろいろ」は、本号に出(だし)ましたのはほんの序(ぢよ)に止まり、編輯上の都合で第一回分として書かれた物を全部載せられなかつたのは残念でした。先生の此方面の御研究と趣味の深く且つ広いことは世に定評があります。次号以下種々の方面の材料により実例によつて興味津々たる好読物を、連続御執筆下さることになりました。差し当り次号には迷信による犯罪を描いた文学として有名な、文豪セエクスピヤの傑作マクベスにつき、犯罪心理方面から面白く解説批評されたものが掲載されます(。)(※1)

(※1)原文句読点なし。

底本:『東京』大正13年9月号

(公開:2017年9月29日 最終更新:2017年9月29日)